副鼻腔炎や蓄膿症の鼻づまりを解消!原因や対処!

副鼻腔炎とは、鼻と副鼻腔をつないでいる自然口という排泄路が、何らかのアレルギー反応や、細菌感染などによって粘膜腫脹により閉じられてしまい、副鼻腔に膿が溜まることが原因となって起こります。

溜まった膿によって、粘膜はさらに腫れてしまい、鼻たけと呼ばれるポリープが発生してしまいます。

一般的には、急性副鼻腔炎が治らず慢性化したものを慢性副鼻腔炎といいます。

粘膜が腫れあがると、鼻づまりやいびき、嗅覚低下などが起こってしまいます。

さらに、口呼吸をしてしまうことで咳やのどを痛めることが多く、熟睡できなくなったり、頭重感などの症状が出ます。

こうした副鼻腔炎はなかなか治らないというイメージがありましたが、最新の医療では副鼻腔炎や蓄膿症が克服できるようになっています。

治療法としては、マクロライド系抗生物質の少量長期投与や手術治療があります。

マクロライド系抗生物質の少量長期投与は、1~2ヵ月服用することで、重症でなければ約7割の症例で治癒が期待できます。

通常の抗生物質と違って、細菌を殺すこと以外に粘膜の抵抗力を上げる効果があります。

また、鼻をすする癖がある方は、鼻かみの回数を1日10回以上行うことが重要です。

効果的な解消法として、生理的食塩水を使った鼻かみ法があります。

このようにこまめに鼻をかむことがとても大事ですが、勢いよくかみすぎると細菌が鼻から耳管を通って中耳に入ってしまい、中耳炎になる危険性がありますので、数秒をかけてゆっくりと噛むように心がけるようにしましょう。

鼻づまりで寝苦しいときは、蒸しタオルを鼻にあてたり、お風呂に入ったりすることで鼻の粘膜を温めて症状を和らげることもできます。

また、加湿器を利用して部屋の湿度を上げたり、枕を少し高くして呼吸しやすくするなどの予防対策も有効的です。

こうした過程でもできる解消法を試しながら、それ以上症状が悪化しないように耳鼻咽喉科を受診し、クリニックでの薬物治療や手術などを検討することをお勧めします。





副鼻腔炎や蓄膿症にクラリスは効くのか?

副鼻腔炎(蓄膿症)では、風邪などにより副鼻腔と呼ばれる鼻の周りに位置する空間に細菌感染の炎症が起き発症することが多い病気です。

風邪を引いてウィルスや細菌により鼻の粘膜が炎症を起こすと、鼻腔と副鼻腔との間に流れているはずの空気が遮断されてしまいます。

空気の入れ替えが無くなってしまった環境はウィルス・細菌増殖の温床となり、副鼻腔炎発症へと繋がりやすくなってしまいます。

アレルギーが原因となり副鼻腔炎を発症することもあります。

そのメカニズムは同じです。

長期化しやすいアレルギー症状は鼻腔の炎症も起こしやすいです。

また、歯肉炎が副鼻腔炎の原因となることもあります。

上の歯根は副鼻腔の底部分と隣り合わせになっているため、歯肉にトラブルが出ると同時もしくは歯肉にトラブルがあるのではないかと疑いが出た時に、実は副鼻腔炎を発症していたということもあります。

診断・治療は耳鼻咽喉科で行います。

まずはレントゲン撮影により蓄膿症かどうかの確認をします。

アレルギーによるものであれば、抗アレルギー剤の処方により、症状を改善させます。

慢性蓄膿症と診断された場合は、薬服用だけでは短期間で治せず手術が必要となることもあります。

急性副鼻腔炎であればすぐに抗生剤、粘液溶解剤、消炎酵素剤、痛みがひどい場合は鎮痛剤などが処方され、早いと二週間ほどでかなり症状が改善されるケースがほとんどです。

その時に多く用いられているのがマクロライド系の抗生物質であるクラリス(クラリスロマイシン等)です。

慢性の場合でも、急性時に用いられる量の半分の量を長期(3ヵ月以上)続けることにより症状が改善するとの報告もあります。

抗生物質であるクラリスには、鼻の粘膜へ過剰粘液分泌の抑制作用、アレルギー反応を起こす物質の抑制作用、ステロイドホルモンであるグルココルチコイド(痒み・痛み・アレルギー反応抑制物質)の体内生成促進作用があります。

さらには基本作用であるばい菌をやっつける働きもありますので、クラリスは副鼻腔炎治療に効果があるのです。

常に蓄膿症状態だと、辛いものです。家事にも頑張れませんし、何と言っても鼻がはちきれそうで苦しい。

だけど、そんな蓄膿症とサヨナラできる信じられない方法を見つけました。宜しければトライしてみてください。

カナバニンとは、全身の組織を形作るのにどうしても必要な物質であって、ほとんどが細胞内にて作られているらしいです。

こうした色々なカナバニンが、なた豆にはタップリと入っていることが判明しています。

不摂生なライフスタイルを改善しないと、口臭に罹患する可能性が高くなりますが、その他にも主要な原因として、「生活習慣」を挙げなければいけません。





副鼻腔炎が蓄膿症へと悪化した場合は手術が必要?

前回、蓄膿症へと悪化したお話をしました。

その場合は、手術が必要になる可能性もあることも、説明しました。

今回は、手術がどのようなものになるのか、その点を踏まえて説明しましょう。

では、副鼻腔炎の手術ってどんなものかの前に、しっかりとどんな症状かをおさらいする必要があります。

副鼻腔炎とはどんな状態なのかというと、最初のきっかけは鼻の中に様々な物質(細菌など)が入り込むことで炎症が起きる鼻炎です。

通常の鼻炎は鼻の粘膜と体の水分を使って鼻水を生み出して、原因物質と抗体の残骸を排出することで数を減らして徐々に収まります。

しかしまれに自然に収まるはずの抗体の攻撃が、原因が無くなっても継続して続くことがあります。

それが慢性鼻炎であり、慢性鼻炎になると原因物質とそうでない物質の両方に攻撃を仕掛けてしまい、抗体の残骸が増え、鼻水が臭くて黄緑色の物質に変化します。

その鼻水が臭くて黄緑色の物質に変化する状態を蓄膿症と呼び、その鼻水が鼻のさらに奥ある副鼻腔と呼ばれる部分にまで侵食すると「副鼻腔炎」となるのです。

副鼻腔炎は鼻から息が吸えなくなることで息が苦しくなる以外にも、進行すれば溜まった膿が目や耳の神経を圧迫し最悪失明や難聴となる場合があるので早急に手を打つ必要があります。

いざ蓄膿症が悪化した先にある副鼻腔炎が最終段階にまで移行した時の医療行為手術にどのようなものがあるのか、それには主に3つのパターンになります。

一つ目は最終段階といってもまだ自己治癒で何とかなるレベルと判断されれば、鼻腔を麻酔してから副鼻腔に針を刺し、抗生物質を混ぜた生理食塩水を注入しながら溜まった膿を吸い出します。

次に最終段階で自己治癒では治らないと判断されたとき。

レントゲンで完全に膿で埋まり切れていないときには、鼻の中に内視鏡を入れてカメラの映像を見ながら炎症を起こしている粘膜を取り除き、副鼻腔の換気を良くし溜まった膿が外に出やすいようにします。

そして先に言った抗生物質の入った生理食塩水による治療を何度も行うことで症状を治します。

そして3つ目は、膿で完全に埋まってしまっていると判断された時には、顔や歯にメスを入れて副鼻腔を外から開けて炎症した部分の粘膜を取り除きます。

この場合は、術後に顔が腫れたり唇がしびれたりする後遺症が起こることもありますが完治させるには仕方ない判断となります。

ということで、おおまかな説明となりますが、これが手術の概要です。

副鼻腔炎の薬で治るのであれば、それに越したことはありません。むしろ薬で治ることの方が一般的には多いとされています。

しかし、気付くのが遅かったり、治療を後回しにしてしまった場合は、それだけ「完治までの期間」も長くなってしまいますし、一度治療しても再発する可能性が高くなってしまうのです。

もし、今このページを見ているアナタが、鼻に痛みを感じるのであれば、なるべく早めに治療を行いましょう。

今回は、副鼻腔炎や蓄膿症に関する手術についてお話しました。

 

蓄膿症にはなた豆茶やドクダミ茶が効くの?

辛い蓄膿症の症状に悩んでいる人は決して少なくありません。

そんな場合、病院での治療を受けるのは当然ですが、できるなら普段の生活の中で少しでも改善できるよう気をつけたいものです。

一般に、蓄膿症には「どくだみ茶やなたまめ茶が効く」とよく言われますが、実際にはどうなのでしょうか。調べてみました。

なたまめ茶というものは、昔から健康飲料だとして、日本人に支持されてきた商品になります。なたまめ茶と来たら、元気に満ちたイメージを持たれる方も少なくないと考えられます。

また、どくだみという植物のお茶であるどくだみ茶には、非常に多くの薬効があると言われています。

どくだみには「クエルシトリン」と呼ばれる成分が含まれており、蓄膿による炎症を抑える消炎効果があるとされています。

また、どくだみには利尿作用もあるため、体に溜まった毒素を排出する効果が期待できます。

同時に、蓄膿の膿も排出してくれると言えるでしょう。

こうした数々の薬効があるため、これまでもどくだみ茶は、便秘の解消や水虫の改善、さらには腫物の改善などに広く用いられてきました。

そのため、蓄膿症の改善にも効果があるお茶として、日々の生活に積極的に取り入れることができるでしょう。

ただし、どくだみ茶にはカリウムが豊富に含まれているため、例えば高齢者の方など、カリウムを保持する利尿薬などを服用している場合には、飲用を避けたほうがよいと言われています。

この種の薬を服用している場合は、この点に注意する必要があるでしょう。

蓄膿症に効くと言われるもう一つのお茶はなたまめ茶です。

これは、マメ科の植物であるなままめのお茶です。

なたまめ茶には、アミノ酸のカナバインと呼ばれる成分が含まれています。

この成分には、血液を浄化する作用や炎症を抑える作用、さらには排膿作用が備わっていると言われています。

そのため、なたまめ茶を飲むことによって、これらの作用が共同に働くと期待することができます。

日々の生活の中でなたまめ茶を飲むようにするなら、蓄膿症の炎症を抑えると同時に、膿を排出する効果が期待できるでしょう。

こうして、辛い蓄膿症の症状を緩和させ、完治へ向かって前進することができるでしょう。

また、なたまめ茶の蓄膿治療の推奨ポイントは、何はともあれ無理をすることなく脂肪を落とせるというところでしょうか。

味の程はというと健康ドリンクなどには勝てませんが、栄養面では申し分なく、むくみであるとか蓄膿症解消にも大変有効に活用できます。

なたまめ茶にすれば、野菜が含有している栄養を、手間なしであっという間に補填することができますので、いつもの野菜不足を払拭することが期待できます。

 

副鼻腔炎ってなーに!?蓄膿症といっしょ?

結論からいうと、副鼻腔炎と蓄膿症は違います。

蓄膿症は、副鼻腔炎が3ヶ月以上続き、慢性化した場合を言います。

副鼻腔炎の初期段階では、細菌や花粉などによって鼻の粘膜が炎症を起こし、鼻詰まりが長い間続いて息がしにくくなるといった鼻炎の症状を感じます。

そして鼻炎の症状が続くことで、副鼻腔炎が引き起こされ、風邪やアレルギー性鼻炎のさらさらとした鼻水と違って、ネバネバした黄色~黄緑色の鼻水が出ます。

このような副鼻腔炎が続くと粘膜が腫れ、鼻腔が塞がれて慢性的な鼻詰まりを起こしてしまいます。

また、水溶性あるいは粘性の鼻水が鼻の奥から喉の方に垂れてくる「後鼻漏」が起こることもあります。

さらに鼻の周りや頬、目の周り、頭が痛くなったり重くなったりすることによって、集中力が低下し、身体が疲れやすくなります。

鼻の周辺や頬辺りが痛む場合は、「上顎洞」、目の周辺の痛みは「篩骨洞」、頭痛の場合は「蝶形骨洞」や「前頭洞」が炎症を起こしているケースが多いです。

また、嗅覚、味覚異常が起き、匂いや味が分からなくなることもあります。

他にも、鼻をかんでも奥に残っている感じがしたり、鼻や口から嫌な匂いがするという症状も出てきます。

これが続くと蓄膿症です。

蓄膿症を風邪や花粉症だと思って治療をせずに長時間放置していると、副鼻腔に真菌が発生して、周りの骨に悪影響を及ぼしたり、目の合併症を生じ失明したり、脳腫瘍や髄膜炎をを生じたりと重大な合併症を引き起こす可能性があるので、早めに耳鼻科を受診することが重要です。

耳鼻科では鼻腔ファイバースコピーやレントゲン検査、CT検査等で症状の重症度、患者の年齢や鼻ポリープの有無などから総合的に判断し、治療法を選択していきます。

蓄膿症の治療には、抗生物質投与により細菌の増殖を減らす薬物療法、霧状にしたステロイド薬や抗生物質を鼻や口から吸いこんで副鼻腔まで送るネブライザー治 療、鼻腔内清掃、副鼻腔洗浄がありますが、これらの治療をしても症状が治まらない場合は、手術治療を行い、炎症を起こしている粘膜や膿をを取り除いて副鼻 腔の換気を良くします。

蓄膿症からくる鼻の痛みに苦しんでいる人の大抵が女性だとされています。

生まれながら、女性は蓄膿症になる生体的な特徴があると言え、とにかく生理中等々のホルモンバランスが壊れる時に、蓄膿症になってしまうのです。

私が副鼻腔炎から蓄膿症へと悪化したお話

今回は私の話をちょっとだけお話しようと思います。

私は副鼻腔炎になるまえに、ながねん鼻炎を患っていました。それは、副鼻腔炎患者のほとんどの人がそうだと思います。

でもまあいずれ治るだろう、と放置した結果が今です。副鼻腔炎は突如としてやってくるものですね。

副鼻腔炎は顔にある副鼻腔(ふくびこう と読みます)の中に膿がたまってしまう症状ですが、これが2ヶ月以上続くと蓄膿症(ちくのうしょう)という呼び名の病気になってしまうのです。

膿とは?引用します

膿は、細菌をやっつけるために戦って壊れた白血球や、死んだ細菌などを含んだ液体で、通常の体液と違って粘りや臭いがあり、黄色や緑色などの色がついています。原因となる細菌は、主にブドウ球菌・連鎖球菌・緑膿菌などです。

引用元

http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/25_kanou/index1.html#point2

まあこの膿が溜まって、痛みなどを引き起こすんですね。

副鼻腔炎も蓄膿症も症状としては大きく変わりませんが、最悪の場合は手術も必要ですね。

私の場合は手術するほどではないですし、そこまで症状もひどくないため放置していたんです。

そしたら病院で「蓄膿症に悪化してますね」って言われました。

これはどうしようもないですが、クラリスなどの処方薬をある程度飲み続けるしかないみたいです。

あまり傷みも今のところは感じませんので、今は大丈夫ですが、今後ひどくなれば考えないといけないです。

蓄膿症に悩むみなさんは、きちんと病院へいきましょうね。