蓄膿症や副鼻腔炎にハナノアは効くのか?

鼻の内部、付け根部分にある「副鼻腔」という空洞部分に発生する炎症を「副鼻腔炎」と言いますが、この副鼻腔炎が慢性化し、膿が溜まるなど症状が重くなった状態が「蓄膿症」で「慢性副鼻腔炎」とも言います。

「鼻水が止まらない」と言ったアレルギー性の副鼻腔炎などが長引くことなどが原因とされており性別や年齢に関係せず発症する病気です。

蓄膿症になると声が鼻声になったり、炎症により鼻がむくんだりと日常生活にも支障をきたすこととなります。

蓄膿症を治すようにと多種多様な蓄膿症茶であるとか蓄膿症薬が並べられていますが、ほぼすべてにアカナタマメと一緒な成分が混ざっているようです。

そのような成分により異常を来し、鼻の痛みが出る人もいるのです。

また、炎症が悪化すると炎症部分に近い奥歯や眼の奥に痛みを感じる他、頭痛を併発する恐れもあり大変危険です。

前述の通り、初期症状が「鼻水が止まらない」などであり、季節によっては花粉症や季節性の風邪と思い込んで各症状用の薬を飲んで経過を見る方も多いでしょう。

しかし、花粉症や風邪の薬では蓄膿症を治療することはできず鼻水の色が変わったり血が混じっているのを見て初めて蓄膿症の可能性を考える場合もあります。

蓄膿症の治療にはいくつかの方法があります。一般的に、症状がまだ軽微な場合は薬を使います。病院などで処方される薬は多くが抗生物質です。

これは炎症の原因となっている菌を殺すことを目的とした薬で効果が強い反面、副作用の注意も必要で処方には医師の処方箋が必要となります。

万が一抗生物質が効かない場合は「ステロイド」を使用します。抗生物質より更に効果が期待できる反面、副作用も強くなるので服用にはより注意が必要となります。

これらの薬が効かない場合、手術が必要となります。
これらの通り蓄膿症の治療にはどれもリスクを伴うものとされていますが、今新しく注目されているのが「鼻うがい」です。

鼻内部に溜まった膿の他、花粉や細菌などを洗い流すことができると期待されています。
小林製薬の「ハナノア」は鼻うがいに適した鼻洗浄用薬です。

鼻に水が入ると特有の痛みがありますが、ハナノアはこれらの痛みを感じさせないよう、精製水、塩化ナトリウムが主成分となっています。

 

副鼻腔炎(蓄膿症)はドライノーズが原因となることがあるの?

ドライノーズは乾燥性鼻炎ともいわれ冬場の乾燥が原因で起きるものです。

症状は鼻の中がいつもむずむずする感じがする、ピリピリするような鼻の痛みがある、鼻水が出ていないのに鼻をかみたくなる、鼻血がでる、鼻の粘膜の出血や凝固を繰り返すなどです。

副鼻腔炎は鼻の億にある副鼻腔が炎症を起こして膿が溜まるものです。

症状には食べ物などの味がわかりにくくニオイがわからない、額や頬に不快感がある、粘りがあり色のついた鼻水がでる、痰がつまり咳がでる、鼻づまりが続き鼻で呼吸ができないなどの症状があります。

ドライノーズと副鼻腔炎は異なるものですが、影響し合う場合があります。

ドライノーズで鼻が長時間乾燥が続くと粘膜が炎症を起こし腫れることがあります。

鼻の粘膜は細菌やウィルスを退治しますが、それは粘膜が潤っている状態です。

ドライノーズで鼻の粘膜が乾燥していると細菌やウィルスが侵入してしまうのです。

また鼻の粘膜が腫れてしまうと細菌などが外に排出されず、鼻鼻腔に溜まった膿も外に排出されなくなり膿がそのまま溜まった状態が続くと副鼻腔炎を引き起こす原因になります。

ドライノーズは副鼻腔炎以外にもアレルギー性鼻炎を悪化させる要因にもなります。

ドライノーズと副鼻腔炎は異なる症状ですが、影響する可能性はあるのです。

症状がある場合は他の症状を引き起こさないように早めに耳鼻科を受診することが良い選択です。

ドライノーズを改善するには専用のスプレーを使って乾燥を防いだり、湿度を保つことができるマスクを使用することが有効です。

家庭では加湿器を使用したりお風呂のお湯を利用して予防することもできます。

鼻うがいも有効です。ぬるま湯1リットルに塩9g(小さじ約2杯)を溶かして生理食塩水をつくり、鼻からゆっくりと吸って鼻と口からゆっくり吐き出します。

1日に2回の鼻うがいが効果的です。
鼻は乾燥すると鼻水による粘膜の浄化機能が弱まるため炎症が起きやすくなります。

ドライノーズは抵抗力の弱い子供や高齢者がなるとウイルス感染を起こしやすく一気に重症化しやすくなるため、副鼻腔炎にならないためにも予防することが大切です。

副鼻腔炎や蓄膿症にクラリスは効くの?

副鼻腔炎(蓄膿症)とは、風邪などにより副鼻腔と呼ばれる鼻の周りに位置する空間に細菌感染の炎症が起き発症することが多い病気です。

風邪を引いてウィルスや細菌により鼻の粘膜が炎症を起こすと、鼻腔と副鼻腔との間に流れているはずの空気が遮断されてしまいます。

空気の入れ替えが無くなってしまった環境はウィルス・細菌増殖の温床となり、副鼻腔炎発症へと繋がりやすくなってしまいます。

アレルギーが原因となり副鼻腔炎を発症することもあります。

そのメカニズムは同じです。

長期化しやすいアレルギー症状は鼻腔の炎症も起こしやすいです。

また、歯肉炎が副鼻腔炎の原因となることもあります。

上の歯根は副鼻腔の底部分と隣り合わせになっているため、歯肉にトラブルが出ると同時もしくは歯肉にトラブルがあるのではないかと疑いが出た時に、実は副鼻腔炎を発症していたということもあります。

診断・治療は耳鼻咽喉科で行います。

まずはレントゲン撮影により蓄膿症かどうかの確認をします。

アレルギーによるものであれば、抗アレルギー剤の処方により、症状を改善させます。
慢性蓄膿症と診断された場合は、薬服用だけでは短期間で治せず手術が必要となることもあります。

急性副鼻腔炎であればすぐに抗生剤、粘液溶解剤、消炎酵素剤、痛みがひどい場合は鎮痛剤などが処方され、早いと二週間ほどでかなり症状が改善されるケースがほとんどです。

その時に多く用いられているのがマクロライド系の抗生物質であるクラリス(クラリスロマイシン等)です。

慢性の場合でも、急性時に用いられる量の半分の量を長期(3ヵ月以上)続けることにより症状が改善するとの報告もあります。

抗生物質であるクラリスには、鼻の粘膜へ過剰粘液分泌の抑制作用、アレルギー反応を起こす物質の抑制作用、ステロイドホルモンであるグルココルチコイド(痒み・痛み・アレルギー反応抑制物質)の体内生成促進作用があります。

さらには基本作用であるばい菌をやっつける働きもありますので、クラリスは副鼻腔炎治療に効果があるのです。

常に蓄膿症状態だと、辛いものです。家事にも頑張れませんし、何と言っても鼻がはちきれそうで苦しい。

だけど、そんな蓄膿症とサヨナラできる信じられない方法を見つけました。宜しければトライしてみてください。

カナバニンと申しますのは、全身の組織を形作るのにどうしても必要な物質であって、ほとんどが細胞内にて作られているらしいです。

このこうした色々なカナバニンが、なた豆にはタップリと入っていることが判明しています。

不摂生なライフスタイルを改善しないと、口臭に罹患する可能性が高くなりますが、その他にも主要な原因として、「生活習慣」を挙げなければいけません。

蓄膿症にはなた豆茶やドクダミ茶が効くの?

辛い症状の蓄膿症に悩んでいる人は決して少なくありません。

そんな場合、病院での治療を受けるのは当然ですが、できるなら普段の生活の中で少しでも改善できるよう気をつけたいものです。

一般に、蓄膿症にはどくだみ茶やなたまめ茶が効くとよく言われますが、実際にはどうなのでしょうか。

どくだみという植物のお茶であるどくだみ茶には、非常に多くの薬効があると言われています。

どくだみにはクエルシトリンと呼ばれる成分が含まれており、蓄膿による炎症を抑える消炎効果があるとされています。

また、どくだみには利尿作用もあるため、体に溜まった毒素を排出する効果が期待できます。

同時に、蓄膿の膿も排出してくれると言えるでしょう。

こうした数々の薬効があるため、これまでもどくだみ茶は、便秘の解消や水虫の改善、さらには腫物の改善などに広く用いられてきました。

蓄膿症の改善にも効果があるお茶として、日々の生活に積極的に取り入れることができるでしょう。

ただし、どくだみ茶にはカリウムが豊富に含まれているため、例えば高齢者の方など、カリウムを保持する利尿薬などを服用している場合には、飲用を避けたほうがよいと言われています。

この種の薬を服用している場合はこの点に注意することができるでしょう。

蓄膿症に効くと言われるもう一つのお茶はなたまめ茶です。

これは、マメ科の植物であるなままめのお茶です。

なたまめ茶には、アミノ酸のカナバインと呼ばれる成分が含まれています。

この成分には、血液を浄化する作用や炎症を抑える作用、さらには排膿作用が備わっていると言われています。

そのため、なたまめ茶を飲むことによって、これらの作用が共同に働くと期待することができます。

日々の生活の中でなたまめ茶を飲むようにするなら、蓄膿症の炎症を抑えると同時に、膿を排出する効果が期待できるでしょう。

こうして、辛い蓄膿症の症状を緩和させ、完治へ向かって前進することができるでしょう。

また、なたまめ茶アトピー治療の推奨ポイントは、何はともあれ無理をすることなく脂肪を落とせるというところでしょうか。

味の程度は健康ドリンクなどには勝てませんが、栄養面で申し分なく、むくみであるとか蓄膿症解消にも有効です。

なたまめ茶にすれば、野菜が含有している栄養を、手間なしであっという間に補填することができますので、いつもの野菜不足を払拭することが期待できます。

なたまめ茶というものは、昔から健康飲料だとして、日本人に支持されてきた商品になります。なたまめ茶と来たら、元気に満ちたイメージを持たれる方も少なくないと考えられます。

副鼻腔炎ってなーに!?蓄膿症といっしょ?

初期段階では細菌や花粉などによって鼻の粘膜が炎症を起こし、鼻詰まりが長い間続いて息がしにくくなるといった鼻炎の症状を感じます。

そして鼻炎の症状が続くことで、副鼻腔炎が引き起こされ、風邪やアレルギー性鼻炎のさらさらとした鼻水と違って、ネバネバした黄色~黄緑色の鼻水が出ます。

このような副鼻腔炎が続くと粘膜が腫れ、鼻腔が塞がれて慢性的な鼻詰まりを起こしてしまいます。

また、水溶性あるいは粘性の鼻水が鼻の奥から喉の方に垂れてくる「後鼻漏」が起こることもあります。

さらに鼻の周りや頬、目の周り、頭が痛くなったり重くなったりすることによって、集中力が低下し、身体が疲れやすくなります。

鼻の周辺や頬辺りが痛む場合は、「上顎洞」、目の周辺の痛みは「篩骨洞」、頭痛の場合は「蝶形骨洞」や「前頭洞」が炎症を起こしているケースが多いです。

また、嗅覚、味覚異常が起き、匂いや味が分からなくなることもあります。

他にも、鼻をかんでも奥に残っている感じがしたり、鼻や口から嫌な匂いがするという症状も出てきます。

蓄膿症を風邪や花粉症だと思って治療をせずに長時間放置していると、副鼻腔に真菌が発生して、周りの骨に悪影響を及ぼしたり、目の合併症を生じ失明したり、脳腫瘍や髄膜炎をを生じたりと重大な合併症を引き起こす可能性があるので、早めに耳鼻科を受診することが重要です。

耳鼻科では鼻腔ファイバースコピーやレントゲン検査、CT検査等で症状の重症度、患者の年齢や鼻ポリープの有無などから総合的に判断し、治療法を選択していきます。

蓄膿症の治療には、抗生物質投与により細菌の増殖を減らす薬物療法、霧状にしたステロイド薬や抗生物質を鼻や口から吸いこんで副鼻腔まで送るネブライザー治 療、鼻腔内清掃、副鼻腔洗浄がありますが、これらの治療をしても症状が治まらない場合は、手術治療を行い、炎症を起こしている粘膜や膿をを取り除いて副鼻 腔の換気を良くします。

蓄膿症からくる鼻の痛みに苦しんでいる人の大抵が女性だとされています。

生まれながら、女性は蓄膿症になる生体的な特徴があると言え、とにかく生理中等々のホルモンバランスが壊れる時に、蓄膿症になってしまうのです。