副鼻腔炎ってなーに!?蓄膿症といっしょ?

結論からいうと、副鼻腔炎と蓄膿症は違います。

蓄膿症は、副鼻腔炎が3ヶ月以上続き、慢性化した場合を言います。

副鼻腔炎の初期段階では、細菌や花粉などによって鼻の粘膜が炎症を起こし、鼻詰まりが長い間続いて息がしにくくなるといった鼻炎の症状を感じます。

そして鼻炎の症状が続くことで、副鼻腔炎が引き起こされ、風邪やアレルギー性鼻炎のさらさらとした鼻水と違って、ネバネバした黄色~黄緑色の鼻水が出ます。

このような副鼻腔炎が続くと粘膜が腫れ、鼻腔が塞がれて慢性的な鼻詰まりを起こしてしまいます。

また、水溶性あるいは粘性の鼻水が鼻の奥から喉の方に垂れてくる「後鼻漏」が起こることもあります。

さらに鼻の周りや頬、目の周り、頭が痛くなったり重くなったりすることによって、集中力が低下し、身体が疲れやすくなります。

鼻の周辺や頬辺りが痛む場合は、「上顎洞」、目の周辺の痛みは「篩骨洞」、頭痛の場合は「蝶形骨洞」や「前頭洞」が炎症を起こしているケースが多いです。

また、嗅覚、味覚異常が起き、匂いや味が分からなくなることもあります。

他にも、鼻をかんでも奥に残っている感じがしたり、鼻や口から嫌な匂いがするという症状も出てきます。

これが続くと蓄膿症です。

蓄膿症を風邪や花粉症だと思って治療をせずに長時間放置していると、副鼻腔に真菌が発生して、周りの骨に悪影響を及ぼしたり、目の合併症を生じ失明したり、脳腫瘍や髄膜炎をを生じたりと重大な合併症を引き起こす可能性があるので、早めに耳鼻科を受診することが重要です。

耳鼻科では鼻腔ファイバースコピーやレントゲン検査、CT検査等で症状の重症度、患者の年齢や鼻ポリープの有無などから総合的に判断し、治療法を選択していきます。

蓄膿症の治療には、抗生物質投与により細菌の増殖を減らす薬物療法、霧状にしたステロイド薬や抗生物質を鼻や口から吸いこんで副鼻腔まで送るネブライザー治 療、鼻腔内清掃、副鼻腔洗浄がありますが、これらの治療をしても症状が治まらない場合は、手術治療を行い、炎症を起こしている粘膜や膿をを取り除いて副鼻 腔の換気を良くします。

蓄膿症からくる鼻の痛みに苦しんでいる人の大抵が女性だとされています。

生まれながら、女性は蓄膿症になる生体的な特徴があると言え、とにかく生理中等々のホルモンバランスが壊れる時に、蓄膿症になってしまうのです。