副鼻腔炎が蓄膿症へと悪化した場合は手術が必要?

前回、蓄膿症へと悪化したお話をしました。

その場合は、手術が必要になる可能性もあることも、説明しました。

今回は、手術がどのようなものになるのか、その点を踏まえて説明しましょう。

では、副鼻腔炎の手術ってどんなものかの前に、しっかりとどんな症状かをおさらいする必要があります。

副鼻腔炎とはどんな状態なのかというと、最初のきっかけは鼻の中に様々な物質(細菌など)が入り込むことで炎症が起きる鼻炎です。

通常の鼻炎は鼻の粘膜と体の水分を使って鼻水を生み出して、原因物質と抗体の残骸を排出することで数を減らして徐々に収まります。

しかしまれに自然に収まるはずの抗体の攻撃が、原因が無くなっても継続して続くことがあります。

それが慢性鼻炎であり、慢性鼻炎になると原因物質とそうでない物質の両方に攻撃を仕掛けてしまい、抗体の残骸が増え、鼻水が臭くて黄緑色の物質に変化します。

その鼻水が臭くて黄緑色の物質に変化する状態を蓄膿症と呼び、その鼻水が鼻のさらに奥ある副鼻腔と呼ばれる部分にまで侵食すると「副鼻腔炎」となるのです。

副鼻腔炎は鼻から息が吸えなくなることで息が苦しくなる以外にも、進行すれば溜まった膿が目や耳の神経を圧迫し最悪失明や難聴となる場合があるので早急に手を打つ必要があります。

いざ蓄膿症が悪化した先にある副鼻腔炎が最終段階にまで移行した時の医療行為手術にどのようなものがあるのか、それには主に3つのパターンになります。

一つ目は最終段階といってもまだ自己治癒で何とかなるレベルと判断されれば、鼻腔を麻酔してから副鼻腔に針を刺し、抗生物質を混ぜた生理食塩水を注入しながら溜まった膿を吸い出します。

次に最終段階で自己治癒では治らないと判断されたとき。

レントゲンで完全に膿で埋まり切れていないときには、鼻の中に内視鏡を入れてカメラの映像を見ながら炎症を起こしている粘膜を取り除き、副鼻腔の換気を良くし溜まった膿が外に出やすいようにします。

そして先に言った抗生物質の入った生理食塩水による治療を何度も行うことで症状を治します。

そして3つ目は、膿で完全に埋まってしまっていると判断された時には、顔や歯にメスを入れて副鼻腔を外から開けて炎症した部分の粘膜を取り除きます。

この場合は、術後に顔が腫れたり唇がしびれたりする後遺症が起こることもありますが完治させるには仕方ない判断となります。

ということで、おおまかな説明となりますが、これが手術の概要です。

副鼻腔炎の薬で治るのであれば、それに越したことはありません。むしろ薬で治ることの方が一般的には多いとされています。

しかし、気付くのが遅かったり、治療を後回しにしてしまった場合は、それだけ「完治までの期間」も長くなってしまいますし、一度治療しても再発する可能性が高くなってしまうのです。

もし、今このページを見ているアナタが、鼻に痛みを感じるのであれば、なるべく早めに治療を行いましょう。

今回は、副鼻腔炎や蓄膿症に関する手術についてお話しました。

 

私が副鼻腔炎から蓄膿症へと悪化したお話

今回は私の話をちょっとだけお話しようと思います。

私は副鼻腔炎になるまえに、ながねん鼻炎を患っていました。それは、副鼻腔炎患者のほとんどの人がそうだと思います。

でもまあいずれ治るだろう、と放置した結果が今です。副鼻腔炎は突如としてやってくるものですね。

副鼻腔炎は顔にある副鼻腔(ふくびこう と読みます)の中に膿がたまってしまう症状ですが、これが2ヶ月以上続くと蓄膿症(ちくのうしょう)という呼び名の病気になってしまうのです。

膿とは?引用します

膿は、細菌をやっつけるために戦って壊れた白血球や、死んだ細菌などを含んだ液体で、通常の体液と違って粘りや臭いがあり、黄色や緑色などの色がついています。原因となる細菌は、主にブドウ球菌・連鎖球菌・緑膿菌などです。

引用元

http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/25_kanou/index1.html#point2

まあこの膿が溜まって、痛みなどを引き起こすんですね。

副鼻腔炎も蓄膿症も症状としては大きく変わりませんが、最悪の場合は手術も必要ですね。

私の場合は手術するほどではないですし、そこまで症状もひどくないため放置していたんです。

そしたら病院で「蓄膿症に悪化してますね」って言われました。

これはどうしようもないですが、クラリスなどの処方薬をある程度飲み続けるしかないみたいです。

あまり傷みも今のところは感じませんので、今は大丈夫ですが、今後ひどくなれば考えないといけないです。

蓄膿症に悩むみなさんは、きちんと病院へいきましょうね。

蓄膿症や副鼻腔炎にハナノアは効くのか?

鼻の内部、付け根部分にある「副鼻腔」という空洞部分に発生する炎症を「副鼻腔炎」と言いますが、この副鼻腔炎が慢性化し、膿が溜まるなど症状が重くなった状態が「蓄膿症」で「慢性副鼻腔炎」とも言います。

「鼻水が止まらない」と言ったアレルギー性の副鼻腔炎などが長引くことなどが原因とされており性別や年齢に関係せず発症する病気です。

蓄膿症になると声が鼻声になったり、炎症により鼻がむくんだりと日常生活にも支障をきたすこととなります。

蓄膿症を治すようにと多種多様な蓄膿症茶であるとか蓄膿症薬が並べられていますが、ほぼすべてにアカナタマメと一緒な成分が混ざっているようです。

そのような成分により異常を来し、鼻の痛みが出る人もいるのです。

また、炎症が悪化すると炎症部分に近い奥歯や眼の奥に痛みを感じる他、頭痛を併発する恐れもあり大変危険です。

前述の通り、初期症状が「鼻水が止まらない」などであり、季節によっては花粉症や季節性の風邪と思い込んで各症状用の薬を飲んで経過を見る方も多いでしょう。

しかし、花粉症や風邪の薬では蓄膿症を治療することはできず鼻水の色が変わったり血が混じっているのを見て初めて蓄膿症の可能性を考える場合もあります。

蓄膿症の治療にはいくつかの方法があります。一般的に、症状がまだ軽微な場合は薬を使います。病院などで処方される薬は多くが抗生物質です。

これは炎症の原因となっている菌を殺すことを目的とした薬で効果が強い反面、副作用の注意も必要で処方には医師の処方箋が必要となります。

万が一抗生物質が効かない場合は「ステロイド」を使用します。抗生物質より更に効果が期待できる反面、副作用も強くなるので服用にはより注意が必要となります。

これらの薬が効かない場合、手術が必要となります。
これらの通り蓄膿症の治療にはどれもリスクを伴うものとされていますが、今新しく注目されているのが「鼻うがい」です。

鼻内部に溜まった膿の他、花粉や細菌などを洗い流すことができると期待されています。
小林製薬の「ハナノア」は鼻うがいに適した鼻洗浄用薬です。

鼻に水が入ると特有の痛みがありますが、ハナノアはこれらの痛みを感じさせないよう、精製水、塩化ナトリウムが主成分となっています。

 

副鼻腔炎(蓄膿症)はドライノーズが原因となることがあるの?

ドライノーズは乾燥性鼻炎ともいわれ冬場の乾燥が原因で起きるものです。

症状は鼻の中がいつもむずむずする感じがする、ピリピリするような鼻の痛みがある、鼻水が出ていないのに鼻をかみたくなる、鼻血がでる、鼻の粘膜の出血や凝固を繰り返すなどです。

副鼻腔炎は鼻の億にある副鼻腔が炎症を起こして膿が溜まるものです。

症状には食べ物などの味がわかりにくくニオイがわからない、額や頬に不快感がある、粘りがあり色のついた鼻水がでる、痰がつまり咳がでる、鼻づまりが続き鼻で呼吸ができないなどの症状があります。

ドライノーズと副鼻腔炎は異なるものですが、影響し合う場合があります。

それはなぜなのか?わかりやすく説明したいと思う。

ドライノーズで鼻が長時間乾燥が続くと粘膜が炎症を起こし腫れることがあります。

鼻の粘膜は細菌やウィルスを退治しますが、それは粘膜が潤っている状態です。

ドライノーズで鼻の粘膜が乾燥していると細菌やウィルスが侵入してしまうのです。

また鼻の粘膜が腫れてしまうと細菌などが外に排出されず、鼻鼻腔に溜まった膿も外に排出されなくなり膿がそのまま溜まった状態が続くと副鼻腔炎を引き起こす原因になります。

ドライノーズは副鼻腔炎以外にもアレルギー性鼻炎を悪化させる要因にもなります。

ドライノーズと副鼻腔炎は異なる症状ですが、影響する可能性はあるのです。

症状がある場合は他の症状を引き起こさないように早めに耳鼻科を受診することが良い選択です。

ドライノーズを改善するには専用のスプレーを使って乾燥を防いだり、湿度を保つことができるマスクを使用することが有効です。

家庭では加湿器を使用したりお風呂のお湯を利用して予防することもできます。

鼻うがいも有効です。ぬるま湯1リットルに塩9g(小さじ約2杯)を溶かして生理食塩水をつくり、鼻からゆっくりと吸って鼻と口からゆっくり吐き出します

このとき、息を止めて喉に流れないように注意しましょう。

1日に2回の鼻うがいが効果的です。
鼻は乾燥すると鼻水による粘膜の浄化機能が弱まるため炎症が起きやすくなります。

ドライノーズは抵抗力の弱い子供や高齢者がなるとウイルス感染(RSウイルス、急性細気管支炎など)を起こしやすく一気に重症化しやすくなるため、副鼻腔炎にならないためにも予防することが大切です。