蓄膿症や副鼻腔炎にハナノアは効くのか?

鼻の内部、付け根部分にある「副鼻腔」という空洞部分に発生する炎症を「副鼻腔炎」と言いますが、この副鼻腔炎が慢性化し、膿が溜まるなど症状が重くなった状態が「蓄膿症」で「慢性副鼻腔炎」とも言います。

「鼻水が止まらない」と言ったアレルギー性の副鼻腔炎などが長引くことなどが原因とされており性別や年齢に関係せず発症する病気です。

蓄膿症になると声が鼻声になったり、炎症により鼻がむくんだりと日常生活にも支障をきたすこととなります。

蓄膿症を治すようにと多種多様な蓄膿症茶であるとか蓄膿症薬が並べられていますが、ほぼすべてにアカナタマメと一緒な成分が混ざっているようです。

そのような成分により異常を来し、鼻の痛みが出る人もいるのです。

また、炎症が悪化すると炎症部分に近い奥歯や眼の奥に痛みを感じる他、頭痛を併発する恐れもあり大変危険です。

前述の通り、初期症状が「鼻水が止まらない」などであり、季節によっては花粉症や季節性の風邪と思い込んで各症状用の薬を飲んで経過を見る方も多いでしょう。

しかし、花粉症や風邪の薬では蓄膿症を治療することはできず鼻水の色が変わったり血が混じっているのを見て初めて蓄膿症の可能性を考える場合もあります。

蓄膿症の治療にはいくつかの方法があります。一般的に、症状がまだ軽微な場合は薬を使います。病院などで処方される薬は多くが抗生物質です。

これは炎症の原因となっている菌を殺すことを目的とした薬で効果が強い反面、副作用の注意も必要で処方には医師の処方箋が必要となります。

万が一抗生物質が効かない場合は「ステロイド」を使用します。抗生物質より更に効果が期待できる反面、副作用も強くなるので服用にはより注意が必要となります。

これらの薬が効かない場合、手術が必要となります。
これらの通り蓄膿症の治療にはどれもリスクを伴うものとされていますが、今新しく注目されているのが「鼻うがい」です。

鼻内部に溜まった膿の他、花粉や細菌などを洗い流すことができると期待されています。
小林製薬の「ハナノア」は鼻うがいに適した鼻洗浄用薬です。

鼻に水が入ると特有の痛みがありますが、ハナノアはこれらの痛みを感じさせないよう、精製水、塩化ナトリウムが主成分となっています。