副鼻腔炎や蓄膿症の鼻づまりを解消!原因や対処!

副鼻腔炎とは、鼻と副鼻腔をつないでいる自然口という排泄路が、何らかのアレルギー反応や、細菌感染などによって粘膜腫脹により閉じられてしまい、副鼻腔に膿が溜まることが原因となって起こります。

溜まった膿によって、粘膜はさらに腫れてしまい、鼻たけと呼ばれるポリープが発生してしまいます。

一般的には、急性副鼻腔炎が治らず慢性化したものを慢性副鼻腔炎といいます。

粘膜が腫れあがると、鼻づまりやいびき、嗅覚低下などが起こってしまいます。

さらに、口呼吸をしてしまうことで咳やのどを痛めることが多く、熟睡できなくなったり、頭重感などの症状が出ます。

こうした副鼻腔炎はなかなか治らないというイメージがありましたが、最新の医療では副鼻腔炎や蓄膿症が克服できるようになっています。

治療法としては、マクロライド系抗生物質の少量長期投与や手術治療があります。

マクロライド系抗生物質の少量長期投与は、1~2ヵ月服用することで、重症でなければ約7割の症例で治癒が期待できます。

通常の抗生物質と違って、細菌を殺すこと以外に粘膜の抵抗力を上げる効果があります。

また、鼻をすする癖がある方は、鼻かみの回数を1日10回以上行うことが重要です。

効果的な解消法として、生理的食塩水を使った鼻かみ法があります。

このようにこまめに鼻をかむことがとても大事ですが、勢いよくかみすぎると細菌が鼻から耳管を通って中耳に入ってしまい、中耳炎になる危険性がありますので、数秒をかけてゆっくりと噛むように心がけるようにしましょう。

鼻づまりで寝苦しいときは、蒸しタオルを鼻にあてたり、お風呂に入ったりすることで鼻の粘膜を温めて症状を和らげることもできます。

また、加湿器を利用して部屋の湿度を上げたり、枕を少し高くして呼吸しやすくするなどの予防対策も有効的です。

こうした過程でもできる解消法を試しながら、それ以上症状が悪化しないように耳鼻咽喉科を受診し、クリニックでの薬物治療や手術などを検討することをお勧めします。





副鼻腔炎や蓄膿症にクラリスは効くのか?

副鼻腔炎(蓄膿症)では、風邪などにより副鼻腔と呼ばれる鼻の周りに位置する空間に細菌感染の炎症が起き発症することが多い病気です。

風邪を引いてウィルスや細菌により鼻の粘膜が炎症を起こすと、鼻腔と副鼻腔との間に流れているはずの空気が遮断されてしまいます。

空気の入れ替えが無くなってしまった環境はウィルス・細菌増殖の温床となり、副鼻腔炎発症へと繋がりやすくなってしまいます。

アレルギーが原因となり副鼻腔炎を発症することもあります。

そのメカニズムは同じです。

長期化しやすいアレルギー症状は鼻腔の炎症も起こしやすいです。

また、歯肉炎が副鼻腔炎の原因となることもあります。

上の歯根は副鼻腔の底部分と隣り合わせになっているため、歯肉にトラブルが出ると同時もしくは歯肉にトラブルがあるのではないかと疑いが出た時に、実は副鼻腔炎を発症していたということもあります。

診断・治療は耳鼻咽喉科で行います。

まずはレントゲン撮影により蓄膿症かどうかの確認をします。

アレルギーによるものであれば、抗アレルギー剤の処方により、症状を改善させます。

慢性蓄膿症と診断された場合は、薬服用だけでは短期間で治せず手術が必要となることもあります。

急性副鼻腔炎であればすぐに抗生剤、粘液溶解剤、消炎酵素剤、痛みがひどい場合は鎮痛剤などが処方され、早いと二週間ほどでかなり症状が改善されるケースがほとんどです。

その時に多く用いられているのがマクロライド系の抗生物質であるクラリス(クラリスロマイシン等)です。

慢性の場合でも、急性時に用いられる量の半分の量を長期(3ヵ月以上)続けることにより症状が改善するとの報告もあります。

抗生物質であるクラリスには、鼻の粘膜へ過剰粘液分泌の抑制作用、アレルギー反応を起こす物質の抑制作用、ステロイドホルモンであるグルココルチコイド(痒み・痛み・アレルギー反応抑制物質)の体内生成促進作用があります。

さらには基本作用であるばい菌をやっつける働きもありますので、クラリスは副鼻腔炎治療に効果があるのです。

常に蓄膿症状態だと、辛いものです。家事にも頑張れませんし、何と言っても鼻がはちきれそうで苦しい。

だけど、そんな蓄膿症とサヨナラできる信じられない方法を見つけました。宜しければトライしてみてください。

カナバニンとは、全身の組織を形作るのにどうしても必要な物質であって、ほとんどが細胞内にて作られているらしいです。

こうした色々なカナバニンが、なた豆にはタップリと入っていることが判明しています。

不摂生なライフスタイルを改善しないと、口臭に罹患する可能性が高くなりますが、その他にも主要な原因として、「生活習慣」を挙げなければいけません。





副鼻腔炎(蓄膿症)はドライノーズが原因となることがあるの?

ドライノーズは乾燥性鼻炎ともいわれ冬場の乾燥が原因で起きるものです。

症状は鼻の中がいつもむずむずする感じがする、ピリピリするような鼻の痛みがある、鼻水が出ていないのに鼻をかみたくなる、鼻血がでる、鼻の粘膜の出血や凝固を繰り返すなどです。

副鼻腔炎は鼻の億にある副鼻腔が炎症を起こして膿が溜まるものです。

症状には食べ物などの味がわかりにくくニオイがわからない、額や頬に不快感がある、粘りがあり色のついた鼻水がでる、痰がつまり咳がでる、鼻づまりが続き鼻で呼吸ができないなどの症状があります。

ドライノーズと副鼻腔炎は異なるものですが、影響し合う場合があります。

それはなぜなのか?わかりやすく説明したいと思う。

ドライノーズで鼻が長時間乾燥が続くと粘膜が炎症を起こし腫れることがあります。

鼻の粘膜は細菌やウィルスを退治しますが、それは粘膜が潤っている状態です。

ドライノーズで鼻の粘膜が乾燥していると細菌やウィルスが侵入してしまうのです。

また鼻の粘膜が腫れてしまうと細菌などが外に排出されず、鼻鼻腔に溜まった膿も外に排出されなくなり膿がそのまま溜まった状態が続くと副鼻腔炎を引き起こす原因になります。

ドライノーズは副鼻腔炎以外にもアレルギー性鼻炎を悪化させる要因にもなります。

ドライノーズと副鼻腔炎は異なる症状ですが、影響する可能性はあるのです。

症状がある場合は他の症状を引き起こさないように早めに耳鼻科を受診することが良い選択です。

ドライノーズを改善するには専用のスプレーを使って乾燥を防いだり、湿度を保つことができるマスクを使用することが有効です。

家庭では加湿器を使用したりお風呂のお湯を利用して予防することもできます。

鼻うがいも有効です。ぬるま湯1リットルに塩9g(小さじ約2杯)を溶かして生理食塩水をつくり、鼻からゆっくりと吸って鼻と口からゆっくり吐き出します

このとき、息を止めて喉に流れないように注意しましょう。

1日に2回の鼻うがいが効果的です。
鼻は乾燥すると鼻水による粘膜の浄化機能が弱まるため炎症が起きやすくなります。

ドライノーズは抵抗力の弱い子供や高齢者がなるとウイルス感染(RSウイルス、急性細気管支炎など)を起こしやすく一気に重症化しやすくなるため、副鼻腔炎にならないためにも予防することが大切です。

蓄膿症や副鼻腔炎にハナノアは効くのか?

鼻の内部、付け根部分にある「副鼻腔」という空洞部分に発生する炎症を「副鼻腔炎」と言いますが、この副鼻腔炎が慢性化し、膿が溜まるなど症状が重くなった状態が「蓄膿症」で「慢性副鼻腔炎」とも言います。

「鼻水が止まらない」と言ったアレルギー性の副鼻腔炎などが長引くことなどが原因とされており性別や年齢に関係せず発症する病気です。

蓄膿症になると声が鼻声になったり、炎症により鼻がむくんだりと日常生活にも支障をきたすこととなります。

蓄膿症を治すようにと多種多様な蓄膿症茶であるとか蓄膿症薬が並べられていますが、ほぼすべてにアカナタマメと一緒な成分が混ざっているようです。

そのような成分により異常を来し、鼻の痛みが出る人もいるのです。

また、炎症が悪化すると炎症部分に近い奥歯や眼の奥に痛みを感じる他、頭痛を併発する恐れもあり大変危険です。

前述の通り、初期症状が「鼻水が止まらない」などであり、季節によっては花粉症や季節性の風邪と思い込んで各症状用の薬を飲んで経過を見る方も多いでしょう。

しかし、花粉症や風邪の薬では蓄膿症を治療することはできず鼻水の色が変わったり血が混じっているのを見て初めて蓄膿症の可能性を考える場合もあります。

蓄膿症の治療にはいくつかの方法があります。一般的に、症状がまだ軽微な場合は薬を使います。病院などで処方される薬は多くが抗生物質です。

これは炎症の原因となっている菌を殺すことを目的とした薬で効果が強い反面、副作用の注意も必要で処方には医師の処方箋が必要となります。

万が一抗生物質が効かない場合は「ステロイド」を使用します。抗生物質より更に効果が期待できる反面、副作用も強くなるので服用にはより注意が必要となります。

これらの薬が効かない場合、手術が必要となります。
これらの通り蓄膿症の治療にはどれもリスクを伴うものとされていますが、今新しく注目されているのが「鼻うがい」です。

鼻内部に溜まった膿の他、花粉や細菌などを洗い流すことができると期待されています。
小林製薬の「ハナノア」は鼻うがいに適した鼻洗浄用薬です。

鼻に水が入ると特有の痛みがありますが、ハナノアはこれらの痛みを感じさせないよう、精製水、塩化ナトリウムが主成分となっています。

 

副鼻腔炎や蓄膿症にクラリスは効くの?

副鼻腔炎(蓄膿症)とは、風邪などにより副鼻腔と呼ばれる鼻の周りに位置する空間に細菌感染の炎症が起き発症することが多い病気です。

風邪を引いてウィルスや細菌により鼻の粘膜が炎症を起こすと、鼻腔と副鼻腔との間に流れているはずの空気が遮断されてしまいます。

空気の入れ替えが無くなってしまった環境はウィルス・細菌増殖の温床となり、副鼻腔炎発症へと繋がりやすくなってしまいます。

アレルギーが原因となり副鼻腔炎を発症することもあります。

そのメカニズムは同じです。

長期化しやすいアレルギー症状は鼻腔の炎症も起こしやすいです。

また、歯肉炎が副鼻腔炎の原因となることもあります。

上の歯根は副鼻腔の底部分と隣り合わせになっているため、歯肉にトラブルが出ると同時もしくは歯肉にトラブルがあるのではないかと疑いが出た時に、実は副鼻腔炎を発症していたということもあります。

診断・治療は耳鼻咽喉科で行います。

まずはレントゲン撮影により蓄膿症かどうかの確認をします。

アレルギーによるものであれば、抗アレルギー剤の処方により、症状を改善させます。
慢性蓄膿症と診断された場合は、薬服用だけでは短期間で治せず手術が必要となることもあります。

急性副鼻腔炎であればすぐに抗生剤、粘液溶解剤、消炎酵素剤、痛みがひどい場合は鎮痛剤などが処方され、早いと二週間ほどでかなり症状が改善されるケースがほとんどです。

その時に多く用いられているのがマクロライド系の抗生物質であるクラリス(クラリスロマイシン等)です。

慢性の場合でも、急性時に用いられる量の半分の量を長期(3ヵ月以上)続けることにより症状が改善するとの報告もあります。

抗生物質であるクラリスには、鼻の粘膜へ過剰粘液分泌の抑制作用、アレルギー反応を起こす物質の抑制作用、ステロイドホルモンであるグルココルチコイド(痒み・痛み・アレルギー反応抑制物質)の体内生成促進作用があります。

さらには基本作用であるばい菌をやっつける働きもありますので、クラリスは副鼻腔炎治療に効果があるのです。

常に蓄膿症状態だと、辛いものです。家事にも頑張れませんし、何と言っても鼻がはちきれそうで苦しい。

だけど、そんな蓄膿症とサヨナラできる信じられない方法を見つけました。宜しければトライしてみてください。

カナバニンと申しますのは、全身の組織を形作るのにどうしても必要な物質であって、ほとんどが細胞内にて作られているらしいです。

このこうした色々なカナバニンが、なた豆にはタップリと入っていることが判明しています。

不摂生なライフスタイルを改善しないと、口臭に罹患する可能性が高くなりますが、その他にも主要な原因として、「生活習慣」を挙げなければいけません。